会社設立に重要な定款

近年、若い世代の人でも積極的に自分の会社を立ち上げる人が増えてきているそうですが、会社設立にあたって考えておかなければならないポイントはいくつかあります。
会社設立は個人事業の開業とは違って開業届を提出すればすぐはじめられるというものではなく、ステップを踏んでいかなければなりませんから、その流れを把握するところからスタートします。
会社設立の手続きにも順番がありますので、ここではその順番とともに重要なポイントを紹介していきたいと思います。

まずはじめにやることと言えば会社形態を決めることですが、現在日本には株式会社と合同会社、合名会社、合資会社と全部で4種類の会社形態があります。
この中だと株式会社がもっともよく知られており、日本の企業はほとんどが株式会社と言ってもいいくらい多くの企業が株式会社を選択しています。
株式会社のメリットは何と言っても知名度の高さによる信頼性と、株式を発行できるため資金調達の選択肢が増えるという点でしょう。
会社運営をしていくにあたり信頼性の重要度が必ず実感すると思いますし、取引先の幅も広がれば事業拡大もスムーズにできます。

そして株式会社ほどではありませんが、現在少しずつ勢いを増してきているのが合同会社で、合同会社のメリットは社員全員に有限責任がある点と会社設立費用が安くはじめやすいという点でしょう。
株式会社の場合は役員が有限責任社員となるため、万が一負債を抱えてしまった場合は役員が責任を負わなければなりませんが、合同会社は社員全員が有限責任社員なので負担を分散させることができます。
また、会社設立費用についても株式会社はトータルで200,000万円〜240,000円程度かかりますが、合同会社は60,000円〜100,000円で設立できます。
参考:わかりやすい合同会社とは?
参考:わかりやすい建設業許可申請について

合名会社と合資会社については法人化するメリットがあまりないため、選ばれる可能性はほとんどなく選択肢に入れなくてもいいでしょう。
会社形態が決まったら次は会社の基本事項を決めますが、これは会社名と会社の所在地、事業内容の3つになります。
この3つも会社をスタートさせるうえでもとても重要なことですから、十分に時間をかけて決めてください。

会社名の決め方は基本的に自由で、経営者の名前をそのまま使っても構いませんし会社のスローガンになる言葉や好きな言葉、色などどんなワードを入れてもいいでしょう。
ただし同一エリアに同じ会社名が存在することは禁止されていますから、会社名が決まったら必ず商号調査を行い、使用可能な会社名なのか確認しておかなければなりません。

そして会社の所在地の決め方ですが、これは職場環境とアクセスの両面でバランスの取れた場所を選ぶことが重要になります。
いくらアクセスが良い場所だとしても狭すぎるところで作業効率が悪くなってもいけませんし、かと言って不便な場所に会社があっても人材が集まりにくくなったりします。
事業内容についてはどんな商材をどうやって売るのかがポイントになりますので、発起人で集まって話したり専門家を交えてアドバイスを貰いながら決め手ください。

そして会社の基本事項が決まったら機関設計や資本金の設定を行い、定款と呼ばれる書類を作成します。
この定款は会社設立においてもっとも重要な書類と言っていいものですから、作成はしっかり時間をかけて進めていきましょう。
定款には先ほど決めた会社形態や会社名、会社の所在地、事業内容、機関設計、資本金などすべての項目を記載していき、ひとつの書類に仕上げます。
これは言わば会社のルールブックとなる書類で、ひとつひとつの項目はかなり細かく記載していかなければなりません。

定款の作成は紙で行う場合と電子定款がありますが、紙で行う場合は印紙代40,000円がかかってしまうため、無料でできる電子定款がおすすめです。
ただし電子定款を作成するためには専用のソフトが必要になりますし、それを使いこなすだけの専門的な知識も必要になりますから、電子定款にする場合は司法書士などの専門家に依頼して作成してもらうといいでしょう。
作成費用は印紙代よりずっと安いですし、印紙代の範囲内でほかの手続きもやってもらえますから、専門家に依頼したい項目をピックアップしておくといいかもしれません。
さらに株式会社の場合は定款の認証手続きが必要で、そのための手数料が50,000円必要になります。

定款の作成ができたら定款3通と発起人の印鑑証明書などの必要書類を持参して公証役場で手続きをしてください。
紙の定款にする場合は最近ではインターネット上でテンプレートが無料でダウンロードできますので、そういったものを使って作成するのがいいでしょう。
定款の作成や認証手続きが終わったら資本金の振り込みを行い、あとは登記手続きをすれば晴れて法人となりますので、定款の作成は会社設立においてもっとも重要なターニングポイントだと言えるでしょう。