会社設立に必要な定款とは

会社設立にあたって重要なポイントになるのが定款の作成ですが、これまで会社設立の経験がない人にとっては定款と言われてもいまいちどんな書類なのかイメージできない人も多いと思います。
しかし定款は会社設立において必ず覚えておかなければならないワードですから、これを機に頭に入れておきましょう。

それではまず定款とはどんなものかというと、簡単に言えば会社のルールブックとなる書類で、ここには定款タイトル、日付、目的、本店の所在地、公告、発行可能株式総数、株式の譲渡制限、取締役の員数、取締役の任期、事業年度、設立に際して出資される財産の価額、資本金の額、事業年度、設立時の役員、発起人の氏名住所等、電子定款の場合は書換えが必要な項目、発起人の記名押印といった項目を記載していきます。

このように会社設立にあたってかなり細かいことを記載していかなければなりませんので、これらの項目をきちんと埋められる状態になってからでないと作成は難しいと思います。
特に会社の基本事項となる部分は会社運営にも大きく関係していくことですから、時間をかけてでも納得できるものを作成したほうがいいでしょう。

加えて定款の作成は紙で行うこともできますし電子定款でも行うことができます。
紙で行う場合はインターネット上からテンプレートが無料でダウンロードできるようになっていますので、まずはそれを入手します。
テンプレートはすぐに記入できるようになっていますので、そこに必要事項を記入していき、あとは公証役場へ提出します。
紙で作成する場合は印紙が必要になりますから、印紙代40,000円がかかりますので覚えておきましょう。

電子定款の場合は印紙代は必要ありませんが、専用のソフトを使用すること、さらにそのソフトを使う専門的な知識が必要になりますので、できれば専門家へ依頼したほうがいいかもしれません。
司法書士など電子定款に対応している専門家はたくさんいますからまずは問い合わせてみてください。