会社設立の相談

初めて会社設立する人はもちろん、すでに会社設立の経験がある人でも相談したいことはたくさんあると思います。
会社設立は個人事業の開業とは違ってやらなければならないことが数多くありますし、事業内容によって手続きが変わってくることもありますので、専門家に相談しながら進めていくのがベストです。
そこでここでは相談内容に応じておすすめしたい専門家を紹介していきます。

はじめに定款の作成から認証の代行、登記申請や代行など手続き全般の相談ができるのが司法書士で、司法書士は会社設立手続きを専門にやっている人もたくさんいます。
司法書士は手続きのスペシャリストともいえる存在ですから、会社設立のあらゆる手続きについて詳しいですし、どの順番で進めていけばいいのか、どこに申請に行けばいいのかなど詳しく教えてくれます。

書類作成に関しては行政書士でも相談可能で、行政書士は定款の認証代行や登記代行はできませんが、それらの書類作成はできますので、その点でのアドバイスを受けることは可能です。
加えて許認可手続きを得意としている資格でもありますから、許認可を必要とする事業をはじめたい場合は行政書士に相談するといいでしょう。

そして会社設立から会社スタート、さらには会社運営に至るまで常について回るのが税金ですが、税金に関する相談は税理士にしてください。
税理士は各種税金に関する知識を持ち合わせていますし、年末調整や確定申告のときも力になってくれます。
もちろん会社設立手続きの相談もできますから、会社設立から会社運営まで長期に渡って頼りになる存在と言えます。
そのため、税理士とは顧問契約をしている企業がほとんどで、長い付き合いになることを想定して選ぶことをおすすめします。

最後に法的な問題が発生したときの相談ができるのが弁護士で、弁護士も会社と顧問契約することが多い専門家です。
税理士ほど頻繁に相談するわけではありませんが、いざというときに居てくれると頼りになります。