公証役場へ行く前に

これから会社設立を検討している人の中には定款の作成について調べている人も多いと思いますが、株式会社を設立する場合は定款の作成だけでなく認証も必要になります。
定款の認証手続きは公証役場で行うことになっていますので、ここでは公証役場へ行く前にやっておきたいことを紹介していきます。

まず定款の認証手続きをする公証役場は全国どこでもいいというわけではなく、会社の本店所在地となるエリアを管轄している公証役場でなければいけません。
ですから、必ずどこの公証役場が管轄になっているのか調べてからそこへ行くようにしてください。
全国の公証役場の場所はこちらから調べることができます。(http://www.koshonin.gr.jp/list)

管轄の公証役場を確認できたら、次は作成した定款や必要書類のチェックをしてみましょう。
定款の作成は紙で行う場合と電子定款の2種類ありますが、紙で作成する場合はインターネット上からテンプレートをダウンロードして作成することも多いので、必ず事前にチェックしてもらってください。
FAXを利用して公証人に事前チェックしてもらうことも可能なので、作成できた旨を伝えて依頼してください。
電子定款の場合は自分でやることもできますが、専門的な知識も必要になりますので、できれば司法書士などの専門家に依頼するのがいいでしょう。
ついでに公証人のスケジュールも確認しておき、それに合わせて認証手続きに行くようにしてください。

公証役場で必要になるものは定款3通、発起人すべての印鑑証明書、紙の定款の場合は印紙代40,000円、公証人手数料50,000円、定款の謄本交付手数料およそ2000円(250円×ページ数)、代理人が認証手続きを行う場合は委任状も必要になります。
以上が公証役場で必要になりますので、これらを持参して手続きを行いましょう。
定款は会社にとってとても重要な書類になりますから、ひとつひとつ丁寧にこなしてください。