定款の作成について知っておきたいこと

定款の作成は会社設立手続きの中でも特に重要度の高い工程で、会社の骨組みを作る作業はここで行うと言ってもいいでしょう。
それだけに定款を作成する前に知っておきたいこともいくつかあります。

まずはじめに株式会社を設立する場合は公開会社にするか非公開会社にするか決めなければなりませんが、これは公開会社が譲渡制限のない会社、非公開会社が譲渡制限のある会社ということになります。
譲渡制限の有無で何が変わるかと言うと、たとえば発起人が会社を辞めてしまったときに持っている株を第三者に売ってしまったときに譲渡制限のない会社だと経営権を持たれてしまう可能性が出てきます。
したがって新規に会社設立する場合は上場するわけでもない限り譲渡制限を設けておくのが一般的です。

次に取締役の設定についても検討しておかなければなりませんが、こうしなければならないという決まりがあるわけではないので、取締役が一人だけでも構いませんし複数いても構いません。
こういった役員には有限責任が設定されるので、たとえば会社が倒産したときには責任を負わなければなりませんが、株式会社の場合は出資の範囲内で責任を負うことになります。
ですから役員の数が多いほうが責任の分散という面ではメリットがあるかもしれません。

また取締役を3人以上にする場合は取締役会を設置することができ、取締役会では経営に関する重要な事項の決定権が与えられます。
取締役会を設置しないとこの権限は株主総会へ持ち越されてしまいますから、取締役を3人以上置くのであれば取締役会を設置したほうが会社をリードできるメリットが生まれます。
取締役会を設置するなら監査役が必要になりますので、こちらも覚えておきましょう。

このように会社設立を進めるにあたっての重要なことを定款の作成前に決めておかなければなりませんから、発起人となる人は今後の会社の方向性をきちんと示せるように時間をかけて考えてみてください。