定款の認証まで

会社設立するときの手続きの中に定款の作成という項目がありますが、これは会社設立手続きの中でも特に重要な工程になります。
これは定款に会社名や会社の所在地、事業目的などの基本事項に加えて組織図となる機関設計や資本金など会社に関する様々なことが記載されているからです。
そして株式会社を設立するときには定款の認証を行わなければならず、これは公証役場で手続きすることができます。
定款の認証が必要なのは株式会社のみで、合同会社などその他の会社形態を選択する場合には必要ありませんから、株式会社を設立したいという人は定款の認証についても覚えておきましょう。

それでは定款の作成から認証までの流れを説明していくと、まずは定款に記載する項目についてひとつひとつ決めていかなければいけませんから、会社の基本事項や機関設計、資本金の設定などをしてください。
この中で注意したいのは会社名を決めるときで、会社名は基本的に自由に決めることができますので自分の名前や好きな言葉や色などを使って構わないのですが、同一エリアに同じ会社名の会社を作ることはできませんので会社名が決まったら必ず商号調査をしてください。

次に定款の作成ですが、これは紙で手続きする方法と電子定款の2種類ありますが、紙の定款だと印紙代が40,000円必要になるのに対して電子定款なら無料なので現在は電子定款が主流になっています。
ただし電子定款の場合は専用のソフトを使用しますい、それを扱う専門的な知識が必要になりますので電子定款に対応している専門家に任せるのがおすすめです。

定款の作成が終わったらいよいよ認証手続きを行いますが、この際に必要になるのが作成した定款3通と発起人の印鑑証明書、さらに認証手数料50,000円などで、必要なものを持参して公証役場へ行きましょう。
手続き自体はそれほど難しいものではありませんから、必要なものを忘れずに揃えていけば大きな問題はないと思います。