定款を作成するときの注意点

会社設立するためには手続きをしなければなりませんが、その中でも特に重要度が高いのは定款の作成です。
定款は会社名や会社の所在地、事業内容といった会社の基本事項や会社の組織図となる機関設計、資本金を記載することになっていますので、そこに記載されていることを基に会社運営がされていきます。
そこでここでは定款の作成にあたっての注意点をお伝えしていきますので、これから会社設立する人は参考にしてください。

はじめに定款には会社名を記載することになっていますが、会社名を決めるときには必ず商号調査を行ってください。
会社名の決め方は基本的に自由で自分の名前や会社のスローガン、好きな言葉、好きな色、どんなワードを使っても構いませんが、同一エリアに同じ会社名を作ることは認められていませんし有名企業と混同するような紛らわしい会社名をつけてしまうと迷惑です。
商号調査をすることによって使用可能な会社名かどうかを確認できますから、会社名を決めたらまず商業調査をすると覚えておきましょう。
また、会社名には必ず商号を付けなければなりませんので、たとえば株式会社であれば○○株式会社あるいは株式会社○○といった表記になります。
すべての表記を英語にすることはどの会社形態でもできませんので注意してください。

次に事業目的を記載するときには将来的に参入するかもしれない事業についても記載しておきましょう。
たとえばパソコンショップをはじめるときに、将来的にパソコン教室や資格取得支援事業をはじめたいと思っているなら、それもあらかじめ記載しておいてください。
定款に記載されていることをやらないだけなら特に問題ありませんが、記載されていないことをどんどんはじめてしまうと書き換えの必要が出てきますのでややこしくなります。

ほかにも定款の作成にあたって注意点がいくつかありますから、初めて会社設立する人は司法書士など書類作成のプロと一緒に進めていくことをおすすめします。