株式会社設立の案内状作成は

会社設立

株式会社設立しても、すぐにたくさんのお客様がいるわけではありませんし、多くの取引先があるわけでもないです。
ですから、まずは設立をした会社のイメージを良くすることが、今後の活動に向けての第一段階になります。
その為には、設立した会社を知ってもらうための案内状を必ず出すべきで、誠意の伝わるような良い案内状であるべきです。
イメージを良くするという意味では、今後の展開など熱意が短い文章の中でも相手方にしっかり伝わる案内状がおすすめと言えます。
内容によって大きく左右されるので、株式会社設立の案内状のポイントをしっかりと抑えて作成する必要があるのです。

株式会社設立をした際の案内状の書き方のポイントは、挨拶文を記載した後に設立した会社詳細を記載する、会社アピール・今後の抱負を挨拶に盛り込むです。
ただ個人事業主からの移行なのか、独立開業なのかで多少文章に違いがあるので、その点に注意する必要があります。
株式会社設立の案内状に最低限記載しておきたい会社詳細としては、会社名・代表取締役名・住所・電話番号・業務内容などです。
また、設立をした会社がお客様や取引先に訪問してもらう必要があるのなら、案内状に地図をつけておくと良いでしょう。
会社アピール・今後の抱負を案内状に盛り込む際のポイントは、案内状ですから長く記載をする必要はありません。
ただ、少しのアピールや抱負を加えて独自の案内状というイメージを伝えることによって、相手方の印象も変わってくるものです。
例えば、皆様のご支援に応えるべく従来にも増して懸命の努力をいたす所存でございますなどが、一般的な今後の抱負及びアピールになります。
また、もう少し会社アピールをする場合には、これから拡大していきたいサービスなどについて少し記載するのも良いです。

では株式会社設立の案内状はどのタイミングで送るのか、どのタイミングで相手方に届くと良いのでしょう。
一般的には営業開始日の約1週間前に相手方の手元に届くのが良いとされているので、日数を逆算して準備しておくと良いです。
ただ1週間前には間に合わないという場合もあるでしょうから、最低でも営業開始日の前には必ず相手方の手元に届くように準備を進めましょう。
ちなみに、株式会社をこの度設立しましたといった過去形の案内状では、相手方の印象が良くないので注意が必要です。
ですから、事前に送り先のリストを作成しておくなどの準備を早めにしておくことが大事ですし、送り先リストがあればその他のことを代行してくれる会社今は多くあります。
最悪時間がない場合には、このようなサービスを利用するのもひとつの選択肢です。

会社設立で成功!必要なことは?

会社設立01

会社設立後、事業を軌道に乗せるために必要なこととは、一体なんでしょうか?
会社は立ち上げ時期が一番大変な時期でもあります。
収益基盤がしっかりしていれば、ある程度最初からうまくいくこともありますが、なかなか思い描いた通りにはいかないことも多いでしょう。
では、どうすれば、会社が軌道に乗るまで耐えられる会社を作っていくことができるのでしょうか?

今回は、そのコツについてまとめてみました。
まず一番大事なのは、会社の資本金をできるだけたくさん集めるということです。
どんなにその事業に自信があったとしても、絶対に儲けられるという保証はありません。
顧客を獲得できなければ、数ヶ月間赤字が続くこともありえますので、どちらかと言うと最初のうちは慎重に資本金が集まってから、会社を設立した方がいいでしょう。

目安としては、できれば1年以上赤字になっても、どうにか耐えられるような資本金があると安心です。
ただし、資本金の設定を1000万円以上にしてしまうと、消費税の優遇措置が適用になりませんので注意が必要です。

消費税の優遇措置というのは、最大で2年間消費税が免除になるという制度です。
できるだけ最初の資本金は、1000万円未満に設定しておくことをおすすめします。
次は、営業に力を入れるということです。

営業は、顧客獲得のためにはなくてはならない戦略です。
広告宣伝だけではなく、SNSなどを上手に活用して、新規顧客を開拓するよう工夫してみましょう。

営業は、オーナー自らやるのではなく、できれば優秀な人材を雇って頑張ってもらう方がいいです。
会社のオーナーというものは、人を采配していくのが仕事であり、自分で全てをやろうとすると、事業はうまくいかないことの方が多いです。
適材適所に優秀な人材を配置するよう、検討していきましょう。

後は、収益を大きくするために、事業規模を広げるということも大事です。
個人事業でやっていた時のように一人でやるのではなく、チームを組んでできるだけ規模の大きい仕事に取り組めるよう、受け皿を作っていくことが大事です。

また、そう言った会社運営の中で生じる無駄を、どんどん減らしていくことも大事なことです。
無駄が多いと利益を圧迫してしまいますので、節約するところは抑えていくよう心掛けなければなりません。

このように、会社を設立して成功するためには、一見当たり前のようにな事柄ですが、実際にやってみると、意外と難しいことをコツコツとこなしていくことが肝心です。
会社が一度軌道に乗ると、そこからは成長が早いですので、そこまで粘り強く仕事をやっていきましょう。

消費税免除を受けられる会社設立

会社設立

これから会社設立するときに考えておきたいのが税金のことです。
勤め人の頃にはあまり対応が必要ないものですが、独立開業すると多くの税金に対応する必要があり、実際に納税が必要になることもあります。
会社設立すると消費税への対応が必要になることもありますが、消費税免除受けられる方法もあります。
起業初年度からいきなり消費税への対応をするのは厳しいと、この方法を利用する方も多いですから知っておくといいでしょう。

消費税免除を受けられる会社設立の方法とは資本金を1000万円未満にすること。
これだけで起業後の最初の事業年度には消費税に対応する必要がなくなります。
とはいえ1000万円という金額は誰でもすぐ用意できるものではありませんから、消費税免除という狙いとは関係なく、資本金が1000万円未満となる予定の方もおられるでしょう。
そのような方は特に気にせずとも消費税免除となる条件に当てはまるため、設立後にいきなり消費税の対応が必要になることはありません。

もし1000万円以上の資本金を用意するとどうなるかというと、初年度から消費税に対応する必要が出るのです。
そのように消費税への対応が必要になった状態できちんと対応ができていないと税務不備として扱われます。
そのためできたばかりの会社とはいえ手は抜けません。
もし1000万円以上の資本金で会社設立する場合は創業直後からすぐに消費税にも対応するつもりで税務の段取りを立てておきましょう。

もしそれが難しいと思えば、やはり消費税免除を受けられる形での会社設立を一度考えてみるといいでしょう。
対応すべき税金の種類が減るため設立後の運営が楽になりますよ。

ただし、消費税免除のためだけに資本金を調整するのはあまりおすすめではありません。
資本金は創業直後の会社の経営を左右する大事な条件です。
これは会社の運転資金になるお金ですから、創業直後に必要な出費の見込みからその金額を決めるのが望ましいのです。

また、これが少なすぎると周囲からの信用を得られず、経営が難しくなることもあります。
資本金が少なすぎると取引先の開拓や金融機関での融資が難しくなったりするのです。
このようなことから、消費税免除の条件だからと、本当なら1000万円以上の資本金を用意した方が望ましいのにあえて減らすというのはおすすめできません。

もし1000万円以上の資本金があった方がいいと思えるなら、それだけの資本金でやはり創業し、初年度から消費税への対応もするといいでしょう。
このようにその条件が絶対おすすめとは必ずしもいえないのですが、会社設立では消費税免除になる条件もあることは知っておくといいです。

会社設立の相談

初めて会社設立する人はもちろん、すでに会社設立の経験がある人でも相談したいことはたくさんあると思います。
会社設立は個人事業の開業とは違ってやらなければならないことが数多くありますし、事業内容によって手続きが変わってくることもありますので、専門家に相談しながら進めていくのがベストです。
そこでここでは相談内容に応じておすすめしたい専門家を紹介していきます。
“会社設立の相談” の続きを読む

公証役場へ行く前に

これから会社設立を検討している人の中には定款の作成について調べている人も多いと思いますが、株式会社を設立する場合は定款の作成だけでなく認証も必要になります。
定款の認証手続きは公証役場で行うことになっていますので、ここでは公証役場へ行く前にやっておきたいことを紹介していきます。
“公証役場へ行く前に” の続きを読む

会社設立の手続き

会社設立の手続きにおいて定款の作成や認証はとても重要なポイントになりますが、ここに至るまでのプロセスやここからどんなことをするのかもきちんと知っておかなければなりません。
そこで今回は会社設立手続きの一連の流れを紹介していきますので、把握しておきましょう。
“会社設立の手続き” の続きを読む

定款の認証まで

会社設立するときの手続きの中に定款の作成という項目がありますが、これは会社設立手続きの中でも特に重要な工程になります。
これは定款に会社名や会社の所在地、事業目的などの基本事項に加えて組織図となる機関設計や資本金など会社に関する様々なことが記載されているからです。
そして株式会社を設立するときには定款の認証を行わなければならず、これは公証役場で手続きすることができます。
定款の認証が必要なのは株式会社のみで、合同会社などその他の会社形態を選択する場合には必要ありませんから、株式会社を設立したいという人は定款の認証についても覚えておきましょう。
“定款の認証まで” の続きを読む

定款を作成するときの注意点

会社設立するためには手続きをしなければなりませんが、その中でも特に重要度が高いのは定款の作成です。
定款は会社名や会社の所在地、事業内容といった会社の基本事項や会社の組織図となる機関設計、資本金を記載することになっていますので、そこに記載されていることを基に会社運営がされていきます。
そこでここでは定款の作成にあたっての注意点をお伝えしていきますので、これから会社設立する人は参考にしてください。
“定款を作成するときの注意点” の続きを読む

定款の事業目的

会社設立において必ずやらなければならないのが定款の作成ですが、定款は会社のルールブックとなる重要な書類ですから十分に時間をかけて作成してください。
定款の作成にあたってまず考えておかなければならないのが会社の基本事項となることですが、これには会社名・会社の所在地・事業内容と3つあります。
“定款の事業目的” の続きを読む