株式会社設立に必要となる印鑑

会社印鑑

・株式会社設立に必要な印鑑とは
株式会社設立時には、印鑑が必要となってきます。
ただ、この印鑑に関しては、色々なシーンで必要となってくるので、気をつけましょう。
実際にどのようなシーンで必要となってくるのかというと、まずは会社設立の段階から必要となってきます。
手続きや申請の際には、印鑑証明書が必要であり、登録している印鑑ごとに証明書を発行しておくことが必要となってくるでしょう。
ちなみに、印鑑に関しては代表取締役となる人のものが必要となってくるので、会社や企業を代表とする人の印鑑と印鑑証明書を取得しておきましょう。
普段使っているものではなく、会社や企業として使っていくためのものが必要です。
これらに関しては、しっかりと用意しておかないと、場合によっては株式会社設立が無効となる場合があります。
無効となるというよりは、申請そのものが通らないこともあります。
そのため、手続きの際には必要となってくる印鑑をしっかり用意してください。

・株式会社設立で必要な印鑑証明書
株式会社設立時には印鑑証明書が必要となってきます。
印鑑証明書に関しては、市の役所で取得することが可能です。
これらに関しては、管轄となっている市役所に相談すればすぐに取得可能です。
ただ、印鑑証明書は印鑑登録をしていないと取得することができません。
そのため、状況によっては印鑑登録をしていない場合、株式会社設立の手続きや申請そのものができない場合もあるので十分に気をつけておくことが必要となります。
ちなみに、株式会社を設立する場合には、絶対に印鑑証明書が必要です。
そのため、申請や手続きをする前に、しっかりと準備しておいてください。

・口座開設に必要な印鑑
株式会社設立を行うのなら、銀行口座も必要となってきます。
その銀行口座の開設に関して、必要となってくる印鑑もあるので注意しておきましょう。
まず必要となってくるのが会社実印です。
これは会社として使う実印となるため、さまざなシーンで必要となってきます。
その他、銀行印も必要となってくるので、十分に注意しておきましょう。
ちなみに口座開設の際には、その他にも決めておかなくてはならないこともあります。
株式会社設立は簡単なように見えるのですが、実際には煩雑な手続きや申請もとても多いです。
そのため、わからないことに関しては専門家に依頼することをおすすめします。
司法書士や行政書士、税理士などを頼りにすると良いでしょう。