株式会社設立の案内状作成は

会社設立

株式会社設立しても、すぐにたくさんのお客様がいるわけではありませんし、多くの取引先があるわけでもないです。
ですから、まずは設立をした会社のイメージを良くすることが、今後の活動に向けての第一段階になります。
その為には、設立した会社を知ってもらうための案内状を必ず出すべきで、誠意の伝わるような良い案内状であるべきです。
イメージを良くするという意味では、今後の展開など熱意が短い文章の中でも相手方にしっかり伝わる案内状がおすすめと言えます。
内容によって大きく左右されるので、株式会社設立の案内状のポイントをしっかりと抑えて作成する必要があるのです。

株式会社設立をした際の案内状の書き方のポイントは、挨拶文を記載した後に設立した会社詳細を記載する、会社アピール・今後の抱負を挨拶に盛り込むです。
ただ個人事業主からの移行なのか、独立開業なのかで多少文章に違いがあるので、その点に注意する必要があります。
株式会社設立の案内状に最低限記載しておきたい会社詳細としては、会社名・代表取締役名・住所・電話番号・業務内容などです。
また、設立をした会社がお客様や取引先に訪問してもらう必要があるのなら、案内状に地図をつけておくと良いでしょう。
会社アピール・今後の抱負を案内状に盛り込む際のポイントは、案内状ですから長く記載をする必要はありません。
ただ、少しのアピールや抱負を加えて独自の案内状というイメージを伝えることによって、相手方の印象も変わってくるものです。
例えば、皆様のご支援に応えるべく従来にも増して懸命の努力をいたす所存でございますなどが、一般的な今後の抱負及びアピールになります。
また、もう少し会社アピールをする場合には、これから拡大していきたいサービスなどについて少し記載するのも良いです。

では株式会社設立の案内状はどのタイミングで送るのか、どのタイミングで相手方に届くと良いのでしょう。
一般的には営業開始日の約1週間前に相手方の手元に届くのが良いとされているので、日数を逆算して準備しておくと良いです。
ただ1週間前には間に合わないという場合もあるでしょうから、最低でも営業開始日の前には必ず相手方の手元に届くように準備を進めましょう。
ちなみに、株式会社をこの度設立しましたといった過去形の案内状では、相手方の印象が良くないので注意が必要です。
ですから、事前に送り先のリストを作成しておくなどの準備を早めにしておくことが大事ですし、送り先リストがあればその他のことを代行してくれる会社今は多くあります。
最悪時間がない場合には、このようなサービスを利用するのもひとつの選択肢です。